SETAGAYA ARTS NAVIGATION せたがやアーツナビメニューを飛ばしてコンテンツへ
公益財団法人 せたがや文化財団

ホームせたがや文化財団とは事業紹介アートルポ広報・メディア
ホーム > アートルポ

アートルポ

世田谷パブリックシアター、音楽事業部、生活工房、世田谷美術館、世田谷文学館が区内それぞれの拠点で、独自性と創造性に富んだプログラムを展開しています。芸術の輪を広げる活動、次世代を育む活動、地域文化を創造する活動など多彩な取り組みをご紹介します。

職場体験のご報告

2019/12/02更新

職場体験のご報告
                   〈巻子の取り扱い訓練2015年〉

世田谷文学館

中学生学芸員の活躍
 2006年度から、当館は世田谷区立中学校の「職場体験」プログラムに参加しています。これまでの13年間で135名(2019年10月末現在)を受け入れました。中学2年生が体験する職種は、博物館の事業運営を担う学芸員の仕事が中心となります。図書資料の整理や、展示と催事のお手伝い、そして受付での接客など、実際の業務を体験します。近年では展示資料の解説文作成や、大学生との共同実習など、内容も多岐に亘っています。

スタッフにとっても、大切な体験
 職場体験は、私たちスタッフにとっても特別なものです。1人ひとりとの出会いには、それぞれ物語がありますが、今回、思い出深い活動をご紹介します。
 それは、支援プログラムで特別にご一緒した、中学3年生との活動です。作業は、納品された冊子の見返しにDVDを貼って、「小中学生向け事業」の報告書を完成させる内容でした。初日、作業が単調なためか、2人の緊張感は乏しくなり、作業効率が落ちていきました。そこで翌日は「その都度小分けに渡される材料を、時間計測しながら組み立てる」、「良いアイディアを思いついたら試してみる」をルールに再開したのです。作業を区切り、時間を計ることで緊張を促し、業務の効率化を図れると考えたのです。「次の材料をください!」。開始早々、張り切って1回目のノルマを達成したのは、B君でした。前日には「今日は、天気予報で午後から雨だって。〇君は傘を持ってでかけたかな?」と、作業に身が入らず空ばかり眺めていた彼は、仕事に熱意を持ち始めたのです。勿論A君も、回を追うごとにそのスピードを速めていきました。
 2人の作業に差が生じ始め、そろそろルールを解除しないといけないと感じた時でした。「はい、出来ました。自分の分をやらずに、次はA君を手伝ってもいいですか?」……。B君は、自分で最も良い方法を考えたのです。単純労働の競争が善意の奉仕へと、職場体験が質的変化した瞬間でした。目の前には報告書とDVDと両面テープ。ただ、テープを貼るという行為の中に、様々な気づきが隠されていました。「実験して、ごめんね。次は昨日みたいに、一緒に楽しくやろうね」、「うん。でも、今日も午後から雨だって、X君大丈夫かな?」。その後は会話を楽しみながらも、当初は無理であろうと思われていた目標500点の作業を完了することが出来ました。仕事を通じて人が輝けることを、職場体験の中学生は教えてくれます。私は空を見上げると、彼らの笑顔を思い出します。   [文:世田谷文学館 佐野晃一郎]

 〈受付業務体験2012年〉       〈自衛消防隊の訓練2018年〉


せたがや和の音楽祭

2019/12/02更新

せたがや和の音楽祭
<音楽事業部 2020カウントダウンコンサート>

東京2020へ向けて、カウントダウン!

 アメリカ合衆国のホストタウン・共生社会ホストタウンとして、また馬術競技開催の地として大きな役目を担っている世田谷区が、東京2020大会を「音楽の力で盛り上げていこう!」とカウントダウンコンサートを開催しました。
 世田谷区から日本文化の魅力を発信。会場は熱気に包まれました。

エネルギー溢れる太鼓のリズム
 舞台に明かりが照らされると、ステージに並べられたたくさんの和太鼓と子どもたちの姿が。「ソーレッ!」という掛け声とともに『千の海響』(林英哲作曲)の演奏がスタートし、太鼓の豪快なリズムとともにコンサートの幕が開きました。
 「Setagaya太鼓塾」は、和太鼓への情熱をもった世田谷区の子どもたちが、東京2020を応援しようと「キックオフコンサート」(2020年7月開催)出演を目標にした3年間プロジェクトです。小学5年生から高校生まで総勢68名の子どもたちによる和太鼓の音は大迫力!体の芯までその振動が伝わってきます。
 実は、Setagaya太鼓塾にとってはこれが初舞台。一人ひとりが大きな拍手を受け、これまで一生懸命積み重ねてきたことを披露できた、と充実感あふれる表情が舞台袖ではたくさん見受けられました。

東京2020、そして未来への挑戦
 東京2020を1年後に控え、保坂展人世田谷区長が、林英哲Setagaya太鼓塾塾長や吉越奏詞選手(パラリンピック馬術)、寺田明日香選手(陸上競技)とともに、未来への挑戦について熱い意見を交わしました。
 生まれつき脳性まひを抱えた吉越選手は、治療の一環として行ったホースセラピーで馬と出会い、そこから馬術競技の道へ進み、大会出場を目指しています。
 また、寺田選手は、ハードルで数々の成績を残すも相次ぐけがや病気で一度は現役を引退。しかし、現在は「ママさんアスリート」として大会を目指し、9月には日本新記録をマークしています。
 Setagaya太鼓塾で和太鼓指導を行ってきた林英哲塾長は、「太鼓奏者はアスリートに近い」「和太鼓は身体全体が楽器の一部となるため、入念な準備運動が必要」というお話も。和太鼓とスポーツ、似ている部分が非常に多くあるようです。
 こうした各方面で活躍されているゲストの方々のお話は、大変貴重なものであると同時に、東京2020に対する期待をより一層膨らませるものでした。

力強さと華やかさで締めくくられたエンディング
 林英哲塾長、英哲風雲の会による演奏が始まると、空気が一変。圧倒的な響きと洗練されたパフォーマンスで会場はピリッとした緊張感に包まれました。
 そして、いよいよ今回のメインであるSetagaya太鼓塾と東京都市大学付属中学校・高等学校吹奏楽部によるスペシャルなコラボレーション。作曲家・宮川彬良氏がこの日のために、冒頭で演奏した『千の海響』のブラスバンドのパートを書き下ろしました。和太鼓と吹奏楽の異色の組み合わせは大きな相乗効果を生み、和太鼓の力強さと吹奏楽の華やかさでステージのボルテージは最高潮に!観客を圧倒する熱い1日が幕を閉じました。

さあ、みんなで応援しよう!
 東京2020は、もうすぐそこ。この世界規模の祭典が、身近な場所で開催される幸運と感動を、多くの方々と分かち合っていきたいと思います。Setagaya太鼓塾の集大成である下記コンサートで盛り上がり、東京2020を一緒に楽しみましょう!  [文:佐藤根真愛(公演制作担当)]

〜2020キックオフコンサート〜
「 和のこころ Ring of Peace 」●2020年7月5日(日) 昭和女子大学人見記念講堂


Setagaya 太鼓塾

2019/08/01更新

Setagaya 太鼓塾
<音楽事業部>

世田谷から世界に向けて 子どもたちの和太鼓が響く!

東京2020を応援したい!「Setagaya 太鼓塾」では、子どもたちが集まって、世界に知られる太鼓奏者、林英哲塾長のもとで太鼓の練習に励んでいます。2020年に世田谷区主催「2020せたがやキックオフコンサート」で和太鼓を披露するため、18年から3年かけて行っているプロジェクトです。
現在は、今年8月12日に開催する「〜2020カウントダウンコンサート〜せたがや和の音楽祭」に向けて猛練習中。
2人の参加者から、和太鼓にかける思いを聞きました。話してくれたのは、村上一樹君と小西拓翔君、ともに小学6年生です。

―――太鼓塾にはどんな子たちが集まっていますか?
村上 「小5から中高生まで70人くらいいて、水組、風組、空組に分かれて稽古しています。いろいろな学校から集まって来ているので、入ったときは知っている人はひとりもいませんでした。」
小西 「僕たちも、お互い知らない同士でしたが、練習しているうちに、自然にしゃべるようになったよね。」
―――先生方や練習の様子はどうですか?
村上 「林塾長、講師の先生方が最初に演奏してくれたとき、迫力があってすごかった。あとで動画も見たけれど、めちゃめちゃカッコよかった。」
小西 「練習の日は早めに来て、自分たちで太鼓を出して自主練をしています。6時になると先生方が来て、2時間のワークショップです。始めは少し疲れるけれど、太鼓を打っているうちに慣れてきて、最後の方は大丈夫になります。」
村上 「叩くと楽しくて、疲れを忘れるよね。」
小西 「最初のころは手のひらにマメができたけど、持ち方を調整したり、手の皮が強くなってきたりして、今はできなくなりました。」
―――コンサートで演奏する曲について教えてください。
村上 「《千の海響》という7、8分くらいの長い曲です。長胴太鼓、桶胴太鼓、締太鼓という3種類の太鼓があって、僕は長胴太鼓という主役の太鼓を叩きます。」
小西 「僕も長胴太鼓で、派手に大きな音を出したいので、自分からやりたいと言いました。《千の海響》には、『さあさあ、始まる、人々ようこそ、どどん、どどん、どんどん打ちましょ・・・・・・』という歌詞があって、それを心の中で歌いながら、歌に合わせて太鼓を打ちます。」
村上 「力まかせに太鼓を打っているように見えるかもしれませんが、そうじゃなくて、みんなでひとつの歌を奏でている感じなんです。」
―――コンサートも近づいていますが、心境は?
村上 「みんなに和太鼓の音や力強さを伝えられるので、楽しみです。」
小西 「東京でオリンピック・パラリンピックが行われるのは50年に1度くらいだから、自分も応援していきたいです。貴重な体験になると思います。」

 ≪ 塾長・講師から ≫
林英哲 塾長 「和太鼓を経験した子は、自分を表現するようになったり、積極的になったりということがよくありますが、最終目標やイメージを押しつけず、のびのびと叩いてもらっています。僕らが身体で見せて、身体で伝えるものを、自然に受け止めてくれればいい。太鼓塾は自らやりたいという子どもたちが集まってきているので、よく頑張っています。期待してください。」
田代誠 講師 「練習を重ねるうち、みんな心を開いて、いい雰囲気になってきています。子どもたちが自発的に参加した気持ちをくみ取って、ステージでベストな表現ができるように後押ししていきたいです。」
辻祐 講師 「『令和面太鼓』という、即興で太鼓を叩く演目が子どもたちは大好きで、悩みながらも自分なりに考えて、挑戦しています。その生き生きした姿を見ていると、成長しているなと感じます。」

[取材・文:北島章子] [撮影:松谷靖之]


第6回世田谷区芸術アワード“飛翔”

2019/05/25更新

第6回世田谷区芸術アワード“飛翔”
5部門で募集します

若手アーティストの多彩な文化・芸術活動の支援を目的にした芸術賞

世田谷区と公益財団法人せたがや文化財団では、若手アーティストの多彩な文化・芸術活動の支援を目的に、芸術賞「世田谷区芸術アワード“飛翔”」を実施します。世田谷のそれぞれの芸術分野の特性を活かし、<生活デザイン><舞台芸術><音楽><文学>の5つの部門で募集します。
受賞者には賞金を授与し、翌2020年度に、区内の施設等で作品を発表していただきます。


募集は終了しました。

●応募資格●
将来にわたって文化・芸術活動を継続的に展開していく意思・意欲のある個人またはグループで、次の(1)〜(6)の要件をすべて満たしていること。

(1)a 舞台芸術部門にあっては、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、栃木県、群馬県および茨城県に主な活動場所を設けて文化活動又は芸術活動を行っていること。
  b 美術部門にあっては、区内に在住か、在学し、若しくは在勤していること又は区内に主な活動場所を設けて文化活動又は芸術活動を行っていること。または、世田谷区を舞台とした、若しくはイメージした作品または世田谷にゆかりのある人物・歴史・出来事などをモチーフにした作品を制作できること。
(2)個人の場合は、2019年4月2日現在で15歳以上、35歳以下(舞台芸術部門にあっては、15歳以上40歳以下)であること。
(3)グループの場合は、2名以上で、代表者が上記(1)のaまたはbを満たし、かつ上記(2)に該当していること。
(4)受賞した場合、翌2020年度内の主催者が設定する時期および会場で作品等を展示・発表できること。
(5)過去に本アワード芸術賞を受賞した経験のないこと。
(6)各部門で示すその他の要件を満たすこと。
(7)暴力団(世田谷区暴力団排除活動推進条例(平成24年12月世田谷区条例第55号)第2条第1号に規定する暴力団をいう。以下同じ。)又は暴力団若しくはその構成員(暴力団の構成団体の構成員を含む。)
※詳しくは、各部門の募集要項をご覧ください。

●応募方法・応募先●ご自身の創作活動について応募する「自薦方式」とします。各部門の募集要項を確認のうえ、各部門の審査に必要な応募資料等も作成し、各部門の「アワード係」までお送りください。

●応募締切●
各部門によって締め切り日が異なります。

●受賞人数●
6名(または6グループ)以内

●賞金●
<生活デザイン部門> 50万円
<舞台芸術部門> 30万円
<音楽部門> 50万円
<美術部門> 50万円(50万円×2名)
<文学部門> 100万円

●選考(外部審査員)●
部門ごとに各分野で活躍する有識者を外部審査員として、書類・資料等に基づき審査します。

<生活デザイン部門> 
金森 香(プロデューサー・イベントプランナー)
高田 唯(グラフィックデザイナー・アートディレクター)

<舞台芸術部門> 
岩松 了(劇作家・演出家・俳優)
マキノ ノゾミ(劇作家・脚本家・演出家)
小野寺 修二(演出家)

<音楽部門> 
井上 鑑(作編曲家・キーボード奏者)
東儀 秀樹(雅楽師)

<美術部門> 
淀井 彩子(画家)
水沢 勉(神奈川県近代美術館館長)

<文学部門> 
青野 聰(小説家)
三田 誠広(小説家)

●選考(本審査)●
受賞者の選考は、次の委員で構成する「世田谷芸術アワード審査会」が行います。
【委員長】 
公益財団法人せたがや文化財団理事長 永井 多惠子
【委員】 (順不同 敬称略)
世田谷パブリックシアター芸術監督 野村 萬斎
音楽事業部音楽監督 池辺 晋一郎
世田谷美術館館長 酒井 忠康 
世田谷文学館館長 菅野 昭正
世田谷区副区長 岡田 篤    

●結果発表および通知●
選考結果は、応募者全員に対し12月下旬までに郵送でお知らせします。  

●授賞式●
2020年1月下旬または2月上旬に開催しますので、受賞者はご出席ください。

●受賞記念発表●
翌2020年度内の、各部門で設定する時期および会場で、受賞作品等を発表していただきます。

●注意事項●
(1)提出された情報は、本アワードの関連活動にのみ使用します。
(2)提出された資料は返却しません。
(3)審査用に提出された文書や画像等は、本アワードの関連活動にのみに使用します。
(4)募集要項(応募用紙併載)は、区および当財団各事業部のホームぺージのほか、世田谷文化生活情報センター、世田谷美術館、世田谷文学館、各出張所・まちづくりセンター・図書館で配布します。
(5)審査の内容および結果に関する質問は、お受けできません。

●お問合せ●
芸術アワード全体に関すること:世田谷区 文化・芸術振興課「アワード事務局」
各部門について:公益財団法人せたがや文化財団 各部門「アワード係」

主催:世田谷区・公益財団法人せたがや文化財団

●5部門の詳細な応募条件については、各部門の募集要項をご覧ください。各事業部のホームページからダウンロードできます。

<生活デザイン部門> 生活工房ホームページ

<舞台芸術部門> 世田谷パブリックシアターホームページ

<音楽部門> 音楽事業部ホームページ

<美術部門> 世田谷美術館ホームページ

<文学部門> 世田谷文学館ホームページ


届け、美術とふれあう楽しさ!

2019/04/12更新

届け、美術とふれあう楽しさ!
美術鑑賞教室 向井良吉作《花と女性》(1969年)の前で

世田谷美術館の出張授業とインターン実習

 2018年秋。とある区立小学校の4年生の図工の授業を覗くと、すまし顔をしつつも張り切った子どもたちを前に、微笑みと堅い面持ちを同居させ、教壇に立つ若者の姿が。そう、世田谷美術館の「出張授業」です!
 当館では長年、区立全小学校の4年生を「美術鑑賞教室」に迎え、館内を巡る美術館体験を実施する一方で、希望校には、鑑賞予定の所蔵品を中心に紹介する「出前授業」を、事前(時に事後)に行います。この授業を行うのは、東京学芸大学の主に3年次に在籍する当館インターン実習生たちです(毎年約10名)。彼らは美術館で毎週行う勉強会で、担当学芸員らと共に授業案の検討と改善を重ねています。
 本稿にご紹介する出張授業では、アルミニウム鋳造のレリーフ作品・向井良吉作《花と女性》(1969年)をテーマに、まず、「レリーフ」という造形表現の解説を交えながら作品図版を鑑賞しました。次に、アルミホイルを手に文房具等の日用品(自分たちの手や顔も!)の型どりをして小さなレリーフを各自工作した後に、全員の作品を黒板に掲げて鑑賞タイムを堪能!
 「美術鑑賞教室」の当日には、授業担当の学生らと再会し笑顔を交わす児童もいました。館内を巡るなか、美術館の地下にある創作の広場に設置された《花と女性》を鑑賞しに来た子どもたち。広場の壁全面をほぼ覆う銀色に煌めく壮麗なレリーフの前で佇んだのち、その作品全体に浮き出ている色々なモチーフや、装飾的な細部一つひとつを目で追い、発見します。少し離れて、作品全体もじっくり鑑賞。
 インターン実習生と学校との連携により、肩ひじをはらずに美術と出会う楽しい時間を、今後も子どもたちに届けていきたいと思います。  [文:矢野ゆかり(世田谷美術館学芸部普及担当学芸員)]