SETAGAYA ARTS NAVIGATION せたがやアーツナビメニューを飛ばしてコンテンツへ
公益財団法人 せたがや文化財団

ホームせたがや文化財団とは事業紹介アートルポ広報・メディア

トピックス

お知らせ

情報ガイド毎月25日発行 文学館
萬画家 石ノ森章太郎展
5月25日号(Vol.217)
SETAGAYA ARTS PRESS年3回発行 世田谷パブリックシアター『キネマと恋人』
せたがやアーツプレス16号

財団活動リポート

第6回世田谷区芸術アワード“飛翔”

若手アーティストの多彩な文化・芸術活動の支援を目的にした芸術賞

世田谷区と公益財団法人せたがや文化財団では、若手アーティストの多彩な文化・芸術活動の支援を目的に、芸術賞「世田谷区芸術アワード“飛翔”」を実施します。世田谷のそれぞれの芸術分野の特性を活かし、<生活デザイン><舞台芸術><音楽><文学>の5つの部門で募集します。
受賞者には賞金を授与し、翌2020年度に、区内の施設等で作品を発表していただきます。


●応募資格●
将来にわたって文化・芸術活動を継続的に展開していく意思・意欲のある個人またはグループで、次の(1)〜(6)の要件をすべて満たしていること。

(1)a 舞台芸術部門にあっては、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、栃木県、群馬県および茨城県に主な活動場所を設けて文化活動又は芸術活動を行っていること。
  b 美術部門にあっては、区内に在住か、在学し、若しくは在勤していること又は区内に主な活動場所を設けて文化活動又は芸術活動を行っていること。または、世田谷区を舞台とした、若しくはイメージした作品または世田谷にゆかりのある人物・歴史・出来事などをモチーフにした作品を制作できること。
(2)個人の場合は、2019年4月2日現在で15歳以上、35歳以下(舞台芸術部門にあっては、15歳以上40歳以下)であること。
(3)グループの場合は、2名以上で、代表者が上記(1)のaまたはbを満たし、かつ上記(2)に該当していること。
(4)受賞した場合、翌2020年度内の主催者が設定する時期および会場で作品等を展示・発表できること。
(5)過去に本アワード芸術賞を受賞した経験のないこと。
(6)各部門で示すその他の要件を満たすこと。
(7)暴力団(世田谷区暴力団排除活動推進条例(平成24年12月世田谷区条例第55号)第2条第1号に規定する暴力団をいう。以下同じ。)又は暴力団若しくはその構成員(暴力団の構成団体の構成員を含む。)
※詳しくは、各部門の募集要項をご覧ください。

●応募方法・応募先●ご自身の創作活動について応募する「自薦方式」とします。各部門の募集要項を確認のうえ、各部門の審査に必要な応募資料等も作成し、各部門の「アワード係」までお送りください。

●応募締切●
各部門によって締め切り日が異なります。

●受賞人数●
6名(または6グループ)以内

●賞金●
<生活デザイン部門> 50万円
<舞台芸術部門> 30万円
<音楽部門> 50万円
<美術部門> 50万円(50万円×2名)
<文学部門> 100万円

●選考(外部審査員)●
部門ごとに各分野で活躍する有識者を外部審査員として、書類・資料等に基づき審査します。

<生活デザイン部門> 
金森 香(プロデューサー・イベントプランナー)
高田 唯(グラフィックデザイナー・アートディレクター)

<舞台芸術部門> 
岩松 了(劇作家・演出家・俳優)
マキノ ノゾミ(劇作家・脚本家・演出家)
小野寺 修二(演出家)

<音楽部門> 
井上 鑑(作編曲家・キーボード奏者)
東儀 秀樹(雅楽師)

<美術部門> 
淀井 彩子(画家)
水沢 勉(神奈川県近代美術館館長)

<文学部門> 
青野 聰(小説家)
三田 誠広(小説家)

●選考(本審査)●
受賞者の選考は、次の委員で構成する「世田谷芸術アワード審査会」が行います。
【委員長】 
公益財団法人せたがや文化財団理事長 永井 多惠子
【委員】 (順不同 敬称略)
世田谷パブリックシアター芸術監督 野村 萬斎
音楽事業部音楽監督 池辺 晋一郎
世田谷美術館館長 酒井 忠康 
世田谷文学館館長 菅野 昭正
世田谷区副区長 岡田 篤    

●結果発表および通知●
選考結果は、応募者全員に対し12月下旬までに郵送でお知らせします。  

●授賞式●
2020年1月下旬または2月上旬に開催しますので、受賞者はご出席ください。

●受賞記念発表●
翌2020年度内の、各部門で設定する時期および会場で、受賞作品等を発表していただきます。

●注意事項●
(1)提出された情報は、本アワードの関連活動にのみ使用します。
(2)提出された資料は返却しません。
(3)審査用に提出された文書や画像等は、本アワードの関連活動にのみに使用します。
(4)募集要項(応募用紙併載)は、区および当財団各事業部のホームぺージのほか、世田谷文化生活情報センター、世田谷美術館、世田谷文学館、各出張所・まちづくりセンター・図書館で配布します。
(5)審査の内容および結果に関する質問は、お受けできません。

●お問合せ●
芸術アワード全体に関すること:世田谷区 文化・芸術振興課「アワード事務局」
各部門について:公益財団法人せたがや文化財団 各部門「アワード係」

主催:世田谷区・公益財団法人せたがや文化財団

●5部門の詳細な応募条件については、各部門の募集要項をご覧ください。各事業部のホームページからダウンロードできます。

<生活デザイン部門> 生活工房ホームページ

<舞台芸術部門> 世田谷パブリックシアターホームページ

<音楽部門> 音楽事業部ホームページ

<美術部門> 世田谷美術館ホームページ

<文学部門> 世田谷文学館ホームページ

詳細はこちら
第6回世田谷区芸術アワード“飛翔”