SETAGAYA ARTS NAVIGATION せたがやアーツナビメニューを飛ばしてコンテンツへ
English公益財団法人 せたがや文化財団

ホームせたがや文化財団とは事業紹介アートルポ広報・メディア
SETAGAYA ARTS NAVIGATION せたがやアーツナビ
English

メインビジュアル

重要なお知らせ

トピックス

お知らせ

情報ガイド毎月25日発行 世田谷区スポーツ振興財団
世田谷ジュニアアカデミー&カレッジ
1月25日号(Vol.249)
せたがや文化・スポーツ情報ガイド(年12回発行) 公益財団法人世田谷区スポーツ振興財団と共同発行。 毎月25日に、世田谷区のアートとスポーツの最新情報をお届けします。

財団活動リポート

世田谷美術館 映像作品「夢の解剖――猩々乱」

パフォーマンスシリーズ「トランス/エントランス」特別篇
世田谷美術館のエントランス空間を活かし、アーティストの実験的な表現の場とする「トランス/エントランス」は、2005年以来16回にわたって開催してきたパフォーマンスシリーズです。回を重ね、近年は「美術館の空間と身体の対話」というテーマが重要性を増し、それに対するアーティストの応答も多様なかたちでなされてきました。
第17回の今回は、特別篇として異色の国際コラボレーションに挑戦。コロナ禍により、約1年間延期しての開催となった本企画では、ニューヨークを拠点に国際的に活躍し、日本文化に造詣の深いイタリア人振付家・演出家のルカ・ヴェジェッティが、能の演目を美術館に招き入れました。
 名だたる能楽師たちを出演者に迎え、夜の世田谷美術館で「猩々乱(しょうじょうみだれ)」を演出したものです(2021年10月5日・6日)。まさに異次元の世界が開かれ、大きな讃嘆の声をいただきました。この稀有な舞台をたくさんの方に届けるために、本格的な映像作品の制作にも挑みました。映像制作にあたっては、世田谷美術館で長らく映画ワークショップの講師を務め、国内外で注目される映画監督・杉田協士をプロデューサーに迎えました。議論を重ね、緊張感ある濃密な作品世界が生まれるに至っています。2021年12月から2022年3月末までの期間限定で有料動画を配信中です。ぜひ、建築空間を存分にいかした本作品の幽玄な世界をご堪能ください。

シテ・長山桂三、ワキ・森常好、笛・藤田貴寛、小鼓・大倉源次郎、大鼓・大倉慶乃助、太鼓・林雄一郎、地謡・観世銕之丞、後見・鵜澤光、原案及び演出・ルカ・ヴェジェッティ、企画制作・塚田美紀、映像プロデューサー・杉田協士

作品についての詳細、動画の視聴方法は、世田谷美術館のホームページをご覧ください。こちら

詳細はこちら
世田谷美術館 映像作品「夢の解剖――猩々乱」