SETAGAYA ARTS NAVIGATION せたがやアーツナビメニューを飛ばしてコンテンツへ
English公益財団法人 せたがや文化財団

ホームせたがや文化財団とは事業紹介アートルポ広報・メディア
SETAGAYA ARTS NAVIGATION せたがやアーツナビ
English

ホーム > 2021年03月19日のカレンダー
バリアフリーについて
アーツカード
寄付行為

2021年03月19日のカレンダー

大平農園と畑のレシピ帖展<br>3月2日(火)〜6月27日(日)  3F生活工房ギャラリー

大平農園と畑のレシピ帖展
3月2日(火)〜6月27日(日)  3F生活工房ギャラリー

<先々代10代目当主の大平信彌氏(昭和32年)>
        所蔵:世田谷区郷土資料館
23区で屈指の農地面積を誇る世田谷。等々力に400年続く大平農園の営みを紹介しながら、土と人、農業とのつながりを考える展覧会です。会場では、大平農園や地域の農業の歴史をパネル等で展示し、畑の土壌の微生物・野菜・動物・人間の円環も、楽しいイラストから学びます。また大平農園と志をともにする他県の農家、それを支持する消費者からなる「若葉会」から、つながりの中に育まれた、旬の野菜を長く美味しく楽しむ知恵も紹介します。

9:00〜21:00/祝休日を除く月曜休み/無料

更新:2021.03.01

<div class=onaga>オナガ</div>あしたのために あしたのジョー!展 ー情熱的にあすを生き抜くためにー<br>1月16日(土)〜3月31日(水)  世田谷文学館

オナガ
あしたのために あしたのジョー!展 ー情熱的にあすを生き抜くためにー
1月16日(土)〜3月31日(水)  世田谷文学館

1968年の連載開始から50年を経て、スポーツマンガの金字塔といわれる『あしたのジョー』は、国民的マンガ作品として、今も世代を超えて多くのファンに愛されています。
本作では登場人物たちの葛藤や生き様が、数々の名言とともに描かれています。本展は〈魂のスポーツマンガ〉を通じ、心身ともに情熱的にあすを生きる術をご紹介します。
観覧料:一般800(640)円 65歳以上、高校・大学生600(480)円 中学生以下無料
※( )内はアーツカード割引料金
※障害者割引あり

●来館サポートについてはこちらをご覧ください。

更新:2021.01.12

<div class=onaga>オナガ</div>『子午線の祀り』<br>3月19日(金)〜30日(火)  世田谷パブリックシアター

オナガ
『子午線の祀り』
3月19日(金)〜30日(火)  世田谷パブリックシアター

<デザイン:秋澤一彰/撮影:細野晋司>
「平家物語」に材をとり、日本演劇史上に燦然と輝く名作『子午線の祀り』。野村萬斎が2017年に新演出で上演し、数々の演劇賞を受賞した本作が、戯曲の芯をとらえ直し、2021年度版として新たに生まれ変わる!

作:木下順二  演出:野村萬斎  音楽:武満徹
出演:野村萬斎、成河、河原崎國太郎、吉見一豊、村田雄浩、若村麻由美 ほか
料金:アーツカード割引 S席(1・2階席)8,300円 A席(3階席)4,800円 ほか 
※1申込につき1公演1席種4枚まで
※未就学児入場不可
※詳しくは、詳細をご覧ください。

更新:2021.01.12

<div class=onaga>オナガ</div>ミュージアムコレクションIII 美術家たちの沿線物語 田園都市線・世田谷線篇<br>2020年12月19日(土)〜3月28日(日)  世田谷美術館

オナガ
ミュージアムコレクションIII 美術家たちの沿線物語 田園都市線・世田谷線篇
2020年12月19日(土)〜3月28日(日)  世田谷美術館

桑原甲子雄≪松陰神社前駅≫<世田谷ボロ市>より 1936年
1907年に世田谷で最初に開通し、゛玉電 ゛の愛称で親しまれた玉川電気鉄道(現・東急田園都市線、世田谷線)。
本展では、三軒茶屋や駒沢、桜新町など、沿線にゆかりの美術家たちを取り上げ、数々のエピソードとともに作品をご紹介します。美術家たちの創作と交流の足跡、沿線で織りなされた、様々な物語をお楽しみください。

観覧料:一般200(160)円 高校・大学生150(120)円 65歳以上、小・中学生100(80)円 ・( )内はせたがやアーツカード割引
※バリアフリー情報についてはこちらをご覧ください。
※小・中学生は、土、日、祝・休日の観覧料は無料

更新:2021.01.04