SETAGAYA ARTS NAVIGATION せたがやアーツナビメニューを飛ばしてコンテンツへ
公益財団法人 せたがや文化財団

ホームせたがや文化財団とは事業紹介アートルポ広報・メディア
ホーム > 2019年10月31日のカレンダー
バリアフリーについて
アーツカード
寄付行為

2019年10月31日のカレンダー

<div class=onaga>オナガ</div>小松左京展 ―D計画―<br>10月12日(土)〜12月22日(日)  世田谷文学館

オナガ
小松左京展 ―D計画―
10月12日(土)〜12月22日(日)  世田谷文学館

小松左京
映画『日本沈没』(1073年)に使われた深海潜水艇「わだつみ」セット前で

『復活の日』『果しなき流れの果に』『日本沈没』『首都消失』ほか、壮大なスケールで描いたSF大作の数々で、絶大な支持を得ている小松左京(1931-2011)の作品世界を多彩な資料でご紹介します。

観覧料:一般800(640)円 65歳以上、高校・大学生600(480)円、小・中学生300(240)円 ※( )内はアーツカード割引料金および20名以上の団体料金
※障害者割引あり

●来館サポートについてはこちらをご覧ください。

更新:2019.09.24

<div class=onaga>オナガ</div>チェコ・デザイン 100年の旅<br>9月14日(土)〜11月10日(日)  世田谷美術館

オナガ
チェコ・デザイン 100年の旅
9月14日(土)〜11月10日(日)  世田谷美術館

エヴァ・ハヴェルコヴァー=リンハルトヴァー 燭台 1959年
〈チェコ国立プラハ工芸美術館蔵 Collection of The Museum of Decorative Arts in Prague〉

アルフォンス・ミュシャから現代のデザインまで、チェコ国立プラハ工芸美術館の収蔵品を中心に、家具や食器、装丁本、ポスターなどを展示。チェコにおける主要なデザイナーの作品を核に、約250点により100年にわたるチェコのデザイン史を日本で初めて総合的に紹介します。

観覧料:一般1,100(900)円 65歳以上900円(700)円 高校・大学生800円(600)円 小・中学生500円(300)円 
※( )内はアーツカード割引料金および20名以上の団体料金  ※障害者割引あり

●バリアフリー情報についてはこちらをご覧ください。 

更新:2019.08.30

家族って しまおまほと家族、その記憶と記録<br>9月21日(土)〜11月10日(日)  生活工房ギャラリー

家族って しまおまほと家族、その記憶と記録
9月21日(土)〜11月10日(日)  生活工房ギャラリー

時間:9:00〜21:00 月曜休み(祝・休日をのぞく)/入場無料
会場:キャロットタワー3F 生活工房ギャラリー

<写真:島尾伸三>1983年頃、自宅にて母・潮田登久子としまおまほ 
エッセイストのしまおまほさんとともに、「家族」について考える展覧会。家族をめぐるエッセイや写真家である両親が撮影した写真など、家族にまつわる記憶と記録を展示します。

更新:2019.08.28

<div class=onaga>オナガ</div>清川泰次 色・線・形の探求とデザインへの展開<br>10月26日(土)〜2020年3月15日(日)  清川泰次記念ギャラリー

オナガ
清川泰次 色・線・形の探求とデザインへの展開
10月26日(土)〜2020年3月15日(日)  清川泰次記念ギャラリー

《Painting No.1593 1993年》

渡米を機に、本格的に抽象表現へ移行した清川泰次は、ものの形態を描くことに捉われない独自の芸術を探求し続けました。色・線・形の構成による美を模索し、晩年にはステンレスを用いた彫刻のほか、ティーセットなど様々な生活用品のデザインも手掛けています。1960年代以降の作品を展示し、清川の幅広い創作の展開をご紹介します。

開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
観覧料:一般200(160)円 65歳以上、小・中学生100(80)円 高校・大学生150(120)円 ほか
※障害者割引あり
※( )内はせたがやアーツカード割引および20名以上の団体料金 
※小・中学生は、土、日、祝・休日の観覧料は無料

更新:2019.08.25

<div class=onaga>オナガ</div>宮本三郎 風景を描く<br>10月26日(土)〜2020年1月13日(月・祝)  宮本三郎記念美術館

オナガ
宮本三郎 風景を描く
10月26日(土)〜2020年1月13日(月・祝)  宮本三郎記念美術館

《シャルトル風景 1939年》 

人物を描くことの多かった宮本三郎ですが、風景も多く残しています。故郷を描いたものから滞欧中のヨーロッパの風景、戦後の都会の様相を描いたものなど、様々なスタイルとタッチを駆使して描かれた作品の数々をご覧ください。

開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
観覧料:一般200(160)円 65歳以上、小・中学生100(80)円 高校・大学生150(120)円
※障害者割引あり
※( )内はせたがやアーツカード割引および20名以上の団体料金 
※小・中学生は、土、日、祝・休日の観覧料は無料

更新:2019.08.25