SETAGAYA ARTS NAVIGATION せたがやアーツナビメニューを飛ばしてコンテンツへ
公益財団法人 せたがや文化財団

ホームせたがや文化財団とは事業紹介アートルポ広報・メディア

財団活動リポート

写真

「Let’s Sing ゴスペル!」ワークショップ

歌う人も聴いている人も元気になれる

「Let's Sing ゴスペル!」は、世田谷区の方々へコンサートに来てもらうだけでなく、参加してもらう機会を増やし、音楽で世田谷を元気にしようと立ち上げられたワークショップ。世田谷区内在住・在学・在勤の中学生以上であればだれでも挑戦でき、車椅子の方も参加できるバリアフリーの企画です。

●映画やミュージカルの影響で前からゴスペルに興味があった。●クラシックのコンサートの合唱曲はハードルが高そうだけど、リズムに乗れるゴスペルならもっと気軽に楽しめそう。●歌うことが大好きだけどステージに立つ機会がない。

初めてのゴスペルのワークショップには、そんな思いを胸に抱いていた方々から定員の3倍にもなる応募をいただきました。ゴスペルシンガーの第一人者であるBIG MAMA YUKAと呼ばれる亀淵友香先生監修・指導のもと、猪狩大志さん、のはらヒロコさんを講師に迎え、40名のチーム2組がそれぞれ全4回のワークショップに参加、2015年12月5日には、北沢タウンホールで練習の成果を発揮するコンサートが開催され、プロの方々と同じステージに立てるとあって、ワークショップは真剣そのもの。柔軟体操のあと、口がよく動くようにあごもマッサージ。コンサートでは、各チーム3曲とチーム合同曲1曲を披露するため、まずは、前回のおさらいから始まり、その後新しい曲“Angels We Have Heard On High”を練習。英語の歌詞を読み上げて世界観を理解し、次に主旋律をゆっくり歌って曲全体を把握したあと、パートにわけて少しずつ先へ進めていきました。

「開始音をはっきり出しましょう」「下がる音を大切に」「全員が同じ調子だと声がつぶれて聴こえるので、テノールは侍っぽく、ソプラノはやさしい天使のように、アルトはお母さん天使のように」など、亀淵先生がユーモアをまじえたわかりやすい言葉でアドバイス。すると、まるで暗示にかけられたように、クワイアがみるみる上達していきます。「気持ちが入ってきましたね!」「ちゃんとできていますよ、自信を持って!」と、講師の方からも励ましの声。幅広い世代の男女が自然と体を揺らし、ステップを踏みながら歌う喜びを実感。1時間半の練習時間もあっという間、みなさんの笑顔が絶えません。

音楽には、歌う人も聴いている人も元気になれるという相乗効果があります。ワークショップクワイアの方々の前向きな気持ちが伝わって、世田谷が明るく、いい世の中になればいいなと思っています。今後も、ぜひいろいろな方に気軽にゴスペルを歌ってほしいですね」と亀淵先生。このワークショップ、コンサートを機に、ゴスペルの人気が広まりそうです。

取材・文:権田アスカ  写真:小林由惠

詳細はこちら
「Let’s Sing ゴスペル!」ワークショップ

トピックス

お知らせ

情報ガイド毎月25日発行 2016 世田谷ジュニアアカデミー (公財)世田谷区スポーツ振興財団
1月25日号(vol.177)
SETAGAYA ARTS PRESS年3回発行 世田谷パブリックシアター『同じ夢』
せたがやアーツプレス  6号

アートの輪
教育普及活動
世田谷区芸術アワード飛翔