SETAGAYA ARTS NAVIGATION せたがやアーツナビメニューを飛ばしてコンテンツへ
公益財団法人 せたがや文化財団

ホームせたがや文化財団とは事業紹介アートルポ広報・メディア
ホーム > トピックス > 花森安治の仕事 ーデザインする手、編集長の眼  2月11日(土・祝)〜4月9日(日)  世田谷美術館
バリアフリーについて
アーツカード
寄付行為

花森安治の仕事 ーデザインする手、編集長の眼
  2月11日(土・祝)〜4月9日(日)  世田谷美術館

花森安治の仕事 ーデザインする手、編集長の眼<br>2月11日(土・祝)〜4月9日(日)  世田谷美術館

美術〈開催期間〉2017.02.11 ~ 2017.04.09

 花森安治
《『暮しの手帖』2世紀21号表紙原画 》
 1972年 世田谷美術館蔵

戦後日本の出版界でひときわ異彩を放った家庭雑誌『暮しの手帖』。1948年の創刊から1978年まで、3年にもわたって編集長をつとめながら、装幀家、イラストレーター、コピーライター、ジャーナリストなど、多彩な活躍をしたのが花森安治(1911ー1978年)です。
本展では花森が戦後日本の社会に問いかけた「美しい暮らし」を、彼のデザインや編集術から探ります。

観覧料:一般1,000(800)円、65歳以上、高校・大学生800(600)円、小・中学生500(300)円
※()内はアーツカード割引料金および20名以上の団体料金
※リピーター割引(会期中):本展有料チケット半券のご提示で2回目以降の観覧料が団体料金になります
※障害者手帳をお持ちの方は500円(300円)介添え者(1名まで)は無料
※障害者手帳をお持ちの方で大学生以下は無料

世田谷美術館のバリアフリー情報についてはこちらをご覧ください。