SETAGAYA ARTS NAVIGATION せたがやアーツナビメニューを飛ばしてコンテンツへ
English公益財団法人 せたがや文化財団

ホームせたがや文化財団とは事業紹介アートルポ広報・メディア
SETAGAYA ARTS NAVIGATION せたがやアーツナビ
English

ホーム > トピックス > 宮本三郎、画家としてII:混沌を貫け、花開く絵筆 1950s-1970s  10月16日(土)〜2022年3月13日(日)  宮本三郎記念美術館
バリアフリーについて
アーツカード
寄付行為

宮本三郎、画家としてII:混沌を貫け、花開く絵筆 1950s-1970s
  10月16日(土)〜2022年3月13日(日)  宮本三郎記念美術館

宮本三郎、画家としてII:混沌を貫け、花開く絵筆 1950s-1970s<br>10月16日(土)〜2022年3月13日(日)  宮本三郎記念美術館

美術〈開催期間〉2021.10.16 ~ 2022.03.13

<假眠 1974年>

具象と写実表現を得意とした宮本三郎の、戦後美術と日本へのまなざしと態度は、どのように作品にあらわされたのでしょう。宮本の表現者としての葛藤を経て、円熟の晩年期へと転換してゆく道筋をゆっくりと辿ります。
開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
休館日:毎週月曜日(祝・休日の場合は翌日)
観覧料:一般200(160)円 高校・大学生150(120)円 65歳以上、小・中学生100(80)円 ( )内はせたがやアーツカード割引
※障害者割引あり 
※小・中学生は、土、日、祝・休日の観覧料は無料

詳細へ