SETAGAYA ARTS NAVIGATION せたがやアーツナビメニューを飛ばしてコンテンツへ
English公益財団法人 せたがや文化財団

ホームせたがや文化財団とは事業紹介アートルポ広報・メディア
SETAGAYA ARTS NAVIGATION せたがやアーツナビ
English

ホーム > トピックス > 宮本三郎、画家としてI:はじまりから 戦争を経て 1920s-1950s  4月1日(木)〜9月26日(日)  宮本三郎記念美術館
バリアフリーについて
アーツカード
寄付行為

宮本三郎、画家としてI:はじまりから 戦争を経て 1920s-1950s
  4月1日(木)〜9月26日(日)  宮本三郎記念美術館

宮本三郎、画家としてI:はじまりから 戦争を経て 1920s-1950s<br>4月1日(木)〜9月26日(日)  宮本三郎記念美術館

美術〈開催期間〉2021.04.01 ~ 2021.09.26

洋画家・宮本三郎の画業を年間を通して2期に分けて紹介。本展では、画家としての出発から初の渡欧期の作品、また従軍画家としての仕事や戦後にみつめた故郷の風景までを中心に紹介します。

≪花と女≫1932年

開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
休館日:毎週月曜日(祝・休日の場合は翌日)
観覧料:一般200(160)円 高校・大学生150(120)円 65歳以上、小・中学生100(80)円 ( )内はせたがやアーツカード割引
※障害者割引あり 
※小・中学生は、土、日、祝・休日の観覧料は無料

詳細へ