SETAGAYA ARTS NAVIGATION せたがやアーツナビメニューを飛ばしてコンテンツへ
公益財団法人 せたがや文化財団

ホームせたがや文化財団とは事業紹介アートルポ広報・メディア
ホーム > 2019年03月02日のカレンダー
バリアフリーについて
アーツカード
寄付行為

2019年03月02日のカレンダー

<div class=onaga>オナガ</div>田沼武能写真展 東京わが残像 1948―1964<br>2月9日(土)〜4月14日(日)  世田谷美術館

オナガ
田沼武能写真展 東京わが残像 1948―1964
2月9日(土)〜4月14日(日)  世田谷美術館

<オリンピック開幕で市街を走る聖火ランナー>[東京]1964年

90歳を迎える今も精力的に活動を続ける田沼武能。戦後からオリンピックに至るまでの昭和の東京の諸相を捉えた写真を紹介します。

観覧料:一般1,000(800)円 65歳以上、高校・大学生800(600)円 小・中学生500(300)円
※( )内はアーツカード割引料金および20名以上の団体料金
※リピーター割引(会期中):本展有料チケット半券のご提示で2回目以降の観覧料が団体料金になります。

●バリアフリー情報についてはこちらをご覧ください。 

更新:2019.01.21

<div class=onaga>オナガ</div>ヒグチユウコ展 CIRCUS【サーカス】<br>1月19日(土)〜3月31日(日)  世田谷文学館

オナガ
ヒグチユウコ展 CIRCUS【サーカス】
1月19日(土)〜3月31日(日)  世田谷文学館

ヒグチユウコが描く猫や少女、キノコ、この世ならぬ不思議ないきものたちが繰り広げる、楽しくもどこか切ないサーカス(CIRCUS)の世界

[くまのたまご 2017年 ©Yuko Higuchi]

空想と現実を行き交う自由な発想とタッチで、作品制作のみならず絵本の刊行など幅広い活躍をみせる画家ヒグチユウコの初となる大規模個展。約20年の画業の中で描かれた500点を超える作品を公開。

観覧料:一般800(640)円 65歳以上、高校・大学生600(480)円 中学生以下無料
※( )内はアーツカード割引料金および20名以上の団体料金
※障害者割引あり

●来館サポートについてはこちらをご覧ください


更新:2019.01.15

<div class=onaga>オナガ</div>宮本三郎 装飾性の展開<br>2018年9月8日(土)〜3月17日(日)  宮本三郎記念美術館

オナガ
宮本三郎 装飾性の展開
2018年9月8日(土)〜3月17日(日)  宮本三郎記念美術館

≪歌い手≫1964年

本展では、『装飾性』をキーワードに、初期から晩年までの宮本三郎の画業を追います。

開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
観覧料:一般200(160)円 65歳以上、小・中学生100(80)円 高校・大学生150(120)円 ほか
※障害者割引あり
※( )内はせたがやアーツカード割引および20名以上の団体料金 
◎小・中学生は、土、日、祝・休日の観覧料は無料

更新:2019.01.08

<div class=onaga>オナガ</div>清川泰次 昭和の学生旅行<br>2018年9月8日(土)〜3月17日(日)  清川泰次記念ギャラリー

オナガ
清川泰次 昭和の学生旅行
2018年9月8日(土)〜3月17日(日)  清川泰次記念ギャラリー

≪西日の片瀬江ノ島よりの江ノ島≫1938(昭和13)年

本展では、清川が学生時代に旅先で写した、昭和10年代の人々や風景が美しく切り取られたモノクロ写真の展示をお楽しみください。

開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
観覧料:一般200(160)円 65歳以上、小・中学生100(80)円 高校・大学生150(120)円 ほか
※障害者割引あり
※( )内はせたがやアーツカード割引および20名以上の団体料金 
◎小・中学生は、土、日、祝・休日の観覧料は無料

更新:2019.01.08

<div class=onaga>オナガ</div>向井潤吉 民家の旅 風土のかたちを求めて<br>2018年9月8日(土)〜3月17日(日)  向井潤吉アトリエ館

オナガ
向井潤吉 民家の旅 風土のかたちを求めて
2018年9月8日(土)〜3月17日(日)  向井潤吉アトリエ館

≪白川郷≫[岐阜県大野郡白川村萩町]1963年

民家のある風景をとおして風土の美を感じとり、描きあらわそうとした民家シリーズを中心に、油彩、水彩作品を約40点紹介。

開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
観覧料:一般200(160)円 65歳以上、小・中学生100(80)円 高校・大学生150(120)円 ほか
※障害者割引あり
※( )内はせたがやアーツカード割引および20名以上の団体料金 
◎小・中学生は、土、日、祝・休日の観覧料は無料


更新:2019.01.08

新雪の時代 江別市世田谷の暮らしと文化<br>1月26日(土)〜3月10日(日)  生活工房ギャラリー

新雪の時代 江別市世田谷の暮らしと文化
1月26日(土)〜3月10日(日)  生活工房ギャラリー

時間:9:00〜20:00 会期中無休/入場無料
会場:生活工房ギャラリー 3F

<山形トムさんのアトリエ 撮影:露口啓二>

北海道江別市にある〈もうひとつの世田谷〉。1945年7月、食糧増産を目的とする「拓北農兵隊」として、東京都世田谷区から33世帯が入植したことがその名の由来。本展は、入植者自身が書き残した文章や農民画家として制作を続ける開拓2世の山形トムさんの絵画など、現存する資料や作品をとおして〈世田谷〉の暮らしと文化活動を紹介する初の展覧会。

更新:2018.12.25